あなたは「あくま」と「ほとけ」のどちらを選んで今日を過ごしますか?

あなたは「あくま」と「ほとけ」のどちらを選んで今日を過ごしますか?

NHKの「歴史秘話ヒストリア」が好きでよく見ています。

井上あさひアナの着物姿とあの品の良い話し方が心地よく、さらに学校で教わった単なる歴史でなくそこに秘められた秘話がとても興味深いです。

今回は、戦国武将武田信玄について書かれた書物『甲陽軍鑑末書』を題材に、知られざる信玄の姿を見ていくという内容。

この、『甲陽軍鑑末書』の研究に携わったのが酒井さんという国語学者の方で、その人を知る人がインタビューの中で、「おい あくまちゃんっていう言葉も教えてもらいました。」とおっしゃっていたんです。

「あくまちゃん??」

もしかしたら聞いたことがある方も多いのかも知れませんが、私ははじめて聞いた言葉なので思わず調べてしまいました。

そしたらこれがなかなかいい言葉だったので、自分が忘れないために記録に残しておこうと思います。

「おいあくま」

旧住友銀行頭取の堀田庄三氏さん、元アサヒビール社長の樋口廣太郎さん、いわゆる大手企業の経営者の方々が自身の戒めとしていた信条を社員たちへ話していた言葉だそうです。

・・・おこらず

・・・いばらず

・・・あせらず

・・・くさらず

・・・まけるな

この各文字の頭文字をつなげると「おいあくま」になるのだと知り、なるほど~と感心しました。

最近は「おいあくま」に「ね」が加わっているそうです。

・・・ねたむな

確かにこれもあるな~。

でも、あんまり言葉が増えても忘れちゃいますからね。

自分が覚えていられるだけの数に絞って、覚えておきましょう。

しかし、そんな気持ちでいるのは難しい

確かに素敵な言葉です。

しかし、冷静に考えてみてください。

いつもいつもそんな聖人君子のような人間ではいられないですよね。

だって、私なんかしょっちゅう悪魔が現れますよ。

自分の思い通りにしたいという願望

自分の思い通りにならないという不満

自分が!自分が!という悪魔の心が現れるんです。

今こうしてブログを書いていても上手く書けないことに焦りますし、他の人と比べて自分はダメだと腐ります。

だんだんイライラしてきて「もう辞めちゃおかな・・・」なんて考えることもあります。

そんな時に「おいあくま」と自分自身をたしなめれば、もう少し頑張ろうかなと前向きな気持ちになれるのかもしれませんね。

「おいあくま」と自分に呼びかけて、「さようなら」と別れを告げてみる。

損得にこだわる自分を認め、手放していく。

まさに、片付けと同じです!

これが、この本来の生かし方なのかもしれませんね。

さあほとけ

よくよく調べてみると、これに反して「さあほとけ(仏)」という言葉もあるそうです。

・・・さっそうと

・・・あかるく

・・・ほのぼのと

・・・ときめいて

・・・げんきに

いいですよね。

いつもこんな風でいられたら。

いつもは「さあほとけ(仏)」、心が浮き足立ってるときは「おいあくま(悪魔)」で、私は毎日を過ごしていきたいです。

楽しく生きる方法10選 5セカンズ

JR京浜東北線王子駅から徒歩2分です。

《毎月開催》整理収納アドバイザー2級認定講座@北とぴあ

開催日程
9月24日(月祝)、10月14日(日)
詳しくはこちら>>

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください