やる気はあるのに片付かない・・・成果が出ない人の3つのパターン

やる気はあるのに片付かない・・・成果が出ない人の3つのパターン

収納本を読んで、収納グッズも買って、自分なりにがんばっているのになぜ成果が出ないのか?

やる気満々で、やり方も間違ってはいないはずなのに、思うように片付かないと悩んでいる方は意外と多いようです。

「もしかして自分のこと……?」なんて思っている人は、次に挙げる「残念な3つのパターン」のどれかにはまっていないか考えてみてくださいね。

せっかくのやる気を無駄にしないために、少し立ち止まって考えてみると解決策が見えてくるかもしれませんよ。

パターン1 的外れ

パターン1-① 問題の対処方法がずれている

最も多いパターンが、そもそも取り組むべき対処方法が的を外れているということ。

どんなに頑張って片付けても間違った方向に突っ走っていたのでは、成果が出るはずはありません。

たとえば、「モノが散らかってしまう」という問題に対して「収納を増やせばモノがしまえる」と考えてしまうことはありませんか。

これを解決するためには「なぜ、収納が足りないのか?」というところから思考をスタートさせることが大切です。

原因は「収納に対してモノが多い」のかもしれないし、「収納の使い方に問題がある」のかもしれません。

単純に収納を増やせば良いということではないのです。

このように「片付かない原因はなんなのか?」という認識を間違うと、その後の対処方法がずれたものになってしまいます。

まずは、「家の中にはどのくらいの収納スペースがあるのか」「中にはどんなモノが収納されているのか」目の前の事実を洗い出して、そこから「何が問題なのか」ということを考えていきましょう。

もし、収納の中に入っているモノが実はほとんど使っていないモノだとしたら、そこに入っているモノを見直すことが対処法のひとつ。

使うモノばかりなんだけれど使いにくいということであれば、収納の仕方を見直すことがもうひとつの対処法になるのです。

このように問題を見極め、それに合った対処法を講じることが適切な問題解決のコツなのです。

パターン1-② 自分に合った方法でない

片付かない問題は正しくとらえているけれど、その対処法が自分に合っていないということ。

言いかえると、自分にあった方法を選択できていないのです。

たとえば、収納本の写真に写っている収納ケースを買ってきて、同じように並べてみたけれどうまくいかないというようなことですね。

間取りは、持っているモノ、モノとの接し方、生活習慣などそれぞれ人によって違いますので、憧れの部屋の真似をしても自分にとってベストな方法ではないのです。

このパターンの人の特徴は、「いいこと思いついた!」となると、深く検討することなく思いついたアイデアを実行していくことだけを考えて動き出してしまうこと。

そうならないために、アイデアがひらめいたときには一瞬立ち止まって「自分に合うのか」「それ以外の方法はないのか」と比較しながら進めることが大切です。

想いだけが先行して、ひらめきに飛びついてはだめなのです。

パターン2:根回し不足

言っていることも、やっていることも正しいはず、、、

ところが、「家族には不評」あるいは「自分が思い描いた通りに片付けてくれない」なんていうことはありませんか。

ここでドキッとした人は、「根回し」という言葉をどれだけ自分が意識しているか考えてみてください。

「家庭内で根回しなんて必要なの?」なんて思っているかもしれませんが、自分以外の人と暮らす場合は「認識の共有」は必須です。

家庭内にあるモノは自分だけではなく家族も使うモノであり、その収納場所、収納方法が変わるほど家族全員を巻き込みながら進める必要があります。

ただでさえ忙しい中、「自分は困っていないのにまたやり方が変わるなんてごめんだ」と思う人もいて当然ですよね。

正しい方法だからと勝手に収納を変えて、使いやすくなったんだからみんなやってくれるだろうでは、甘いのです。

では、どういう行動が必要なのか 

片付けをする人は、一連流れが頭の中で動画のようにイメージできています。

「誰がどのように使い、どのように片付けていくのか」といったことを具体的に考えているのです。

しかし、家族はそんなことを考えていません。

ですので、「これを使ったらここにしまってね」と事前に情報を伝えたり、やってくれなさそうな人に先回りして説明したりといった努力をすることで片付けがスムーズに回っていくのです。

実は私、これをしなかったために大失敗をした経験があります。

それは、講座で学んですぐに自宅の収納の整理に取り掛かったんですね。

その日以降、2日目、3日目・・・気が付くと毎日のように収納を変えていました。

自分ではこれで完璧!と大満足だったのですが、家族から「昨日はここに爪きりがあったのに、どこにいっちゃったの?」と大ブーイングの嵐。

まさに、根回しが足りなかったんですね。

なにごとも自分の気持ちだけではなく、相手の気持ち、相手の立場を考えたうえで行動することが大切なんだなと実感しました。

パターン3:やる気があるのは自分だけ

やるべきことは押さえているし、家族の根回しも意識している――それでもなお、何かが空回りしている気がする。

そんな風に感じる人は、自分と家族との間に温度差がないかどうかを振り返ってみましょう。

「やる気」というのは個人によって異なります。

自身が感じる不便さ、メリット、興味、関心なども人によってさまざまですよね。

片付けたいと思っている人の多くが持っている悩みのひとつに「自分が思うように家族が協力してくれない」ということがあります。

当たり前ですが、生活は家族でするものですから自分ひとりだけがやる気満々でも、家族がそれぞれの片付けを確実にやってくれないと成果にはつながりません。

特に「自分はこんなに頑張っているのに!」と怒りに似た感情を覚えるような場合は要注意です。

まずはいったん立ち止まって周囲を観察して、「家族がどんな生活をしているのか」「何に関心を持っているのか」といったことに注意を向けましょう。

その際に重要なのは、自分と他人は同じではないという自覚を持っておくことです。

少し引いて自分と家族を客観視することで、どこがかみ合っていないのか見えてくるはずです。

まとめ

 

しっかり考えた上で適切と思われる方法を実行するのと、たまたま思いついた方法を順番に実行していくのとでは、圧倒的に成果に差がつきます。

まずは丁寧に考えながら、そして実行段階では家族を巻き込み、正しく根回しをしながら、最大の関心を持って片付けにあたること。

これを地道に習慣づけていくことが、片付け上手への道なのではないかなと思います。

「やる気はあるのに片付かない、成果が出ない人の3つのパターン」どれか当てはまるものはありましたか?

JR京浜東北線王子駅から徒歩2分です。

《毎月開催》整理収納アドバイザー2級認定講座@北とぴあ

開催日程
9月24日(月祝)、10月14日(日)
詳しくはこちら>>

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください