ツインニットはオバサンっぽい?50代女性の痛くない着こなし方

ツインニットはオバサンっぽい?50代女性の痛くない着こなし方

アラフォー、アラフィフになると、今まで着ていたアイテムが似合わなくなると言いますが、「似合わないような気がする……」というのが正しい言い方なのではないかなと思います。

気に入っているから何となく着続けてしまった結果、ふと鏡を見た瞬間「なんだか似合わないよね?」と気づいてしまった・・・みたいな感じ。

私もなるべくそうならないように少しは流行もチェックしつつ洋服のアップデートをしているつもりです。

が、きょう見つけた記事にドキッ。

アラフォーでは痛々しい⁉ NGなきれいめコーデ

ツインニットはミセス感たっぷり?

この記事のよると定番の合わせ方も、年齢によって似合わなくなったり、上品さを意識したつもりがミセス感が強まる場合が多々あるとのこと。

その例が「ツインニット」だそうです。

アラフィフ世代なら誰でも持っている「ツインニット」。

半袖のニットにカーディガンがセットになっている洋服ですね。

年齢的に体温調節が難しくなってきたアラフィフ世代には、気温変化の激しい季節や、空調の効いているオフィス、電車内でも簡単に脱ぎ着ができる優れものです。

ツインニットにスカートを合わせれば、それなりにコーディネートできちゃうし、私にとってマストアイテムと言っても過言ではありません。

しかし、「ツインニットがフレッシュで素敵に見えるのは若い女性が着るからこそ」で、アラフォーが着るとミセス感たっぷりになってしまうと書いてありました。

大人感、抜け感、こなれ感・・・ファッションを素敵に表現する言葉はたくさんありますが、ミセス感と聞くとなんとなくオバサンっぽいかも・・・。

これ、アラフォー女性がやってはいけないコーデという記事なんですよね。

あ~怖い。

アラフィフの私はどうすればいいの?って思っちゃいます。

いまっぽく着るには

では、そんなツインニットを今っぽく着るにはどうすればいいかというと、カーディガンをトップスのように一枚で着る着こなしがオススメなんだそうです。

決して半そでとカーディガンを一緒に着ないこと。

インナーに白カットソーを重ねて、色をチラ見せしてアクセントに。

ふむふむ。

痛く見える、古い、野暮ったいから捨てなくちゃと思わずに、着こなし方に気をつければいいんですね。

ボトムスも中途半端なスカートではなく、こんなパンツも個性的でいいかも。

miisuuzuukiiさんのコーディネートより引用

他にも、花柄のワンピやらスカートやら、痛くない着こなしの参考になることが書いてありましたよ。

まずは、しまいっぱなしでなく、着てあげることからですね。

アラフォーだけじゃなく、アラフィフの女性も素敵に見せるコーデのコツを取り入れて、まだまだおしゃれを楽しみましょう!

50代ファッション“素敵”と“痛い”の分かれ道 おとなスタイル

JR京浜東北線王子駅から徒歩2分です。

《毎月開催》整理収納アドバイザー2級認定講座@北とぴあ

開催日程
9月24日(月祝)、10月14日(日)
詳しくはこちら>>

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください