本業と副業(整理収納アドバイザー)を両立するために意識している時間の使い方

本業と副業(整理収納アドバイザー)を両立するために意識している時間の使い方

「どうしてあの人は仕事をしながら副業ができるんだろう?」と思ったことはありませんか?

以前、会社員をしている人で整理収納アドバイザーの資格を取った人から「ゆっくりお話を聞かせてください」と言われたことがあったので、私が時間について意識していることをまとめました。

両立を考えている人の参考になれば嬉しいです。

両立するための時間の使い方

仕事をしながら理収納アドバイザーとして活動するには、いかに時間を作り出すかがカギになります。

女性の場合、仕事以外にも家事や子育てに多くの時間を必要としますので、自分のための時間というのは「ない」に等しいですよね。

よく「時間は自分で作るもの」という言葉を耳にしますが、それを「どうやって作るか?」が問題なんです。

そこで、私がお伝えしたいポイントは2つ。

1、本業を時間内に終わらせる

まずは本業である仕事をしっかりと集中してこなし、就業時間内に終わらせます。

基本的に残業はしません。

職場によってはちょっと無理という環境の方もいるかもしれませんが、とにかく自分が抱えている仕事だけは残業せずに終われるよう本気で働きます。

仮に、人手が足りないから手伝ってと残業を頼まれたとしても、自分の仕事が終わっていればすぐに取り掛かることができますし、残業が終わった時点でさっさと家に帰れますよね。

2.本業以外の時間は副業のために使う

そして、本業以外の時間は副業のために使っています。

本業以外の時間というのは、通勤時間やお昼休み時間、家に帰ってからの生活時間(食事・入浴・睡眠など)以外すべての時間です。

たとえば、私の通勤時間は電車で30分程度なのですが、ただボーっと乗っているのではなく電車の広告を眺めたり、乗っている人を観察する時間にしています。

なぜなら企業広告や書籍広告、雑誌の中吊りなどを見ていると、ブログ記事に役立ちそうなトピックを見つけることができるからです。

中吊りに「人生100年時代構想会議」という見出しを見つけたら、「高齢化が進むこれからを生きぬくために、暮らしを柔軟に変えていく片付けが重要」・・・のようにイメージを膨らませてブログ記事の参考にします。

また、電車に乗っている人を観察するのも役に立つんですよ。

最近は車内でお化粧する女性の姿をすっかり見かけなくなりましたが、ブームの頃はバッグの中をかき混ぜながらマスカラを取り出している女性が結構いましたよね。

その様子から「グループ分け」をテーマにブログの構成を考えたり、手ぶらで乗っている人を見かけたら「どんな暮らしをしているのだろう」と想像してみたり・・・

わずかな通勤時間でも巷の情報を仕入れる時間に使っています。

また、家に帰って家事を済ませてからもダラダラとTVを見るのではなく、教材を何度も何度も読み直したり、収納アイデアの研究をしたり・・・

目を閉じて眠りに入る瞬間まで、使える時間はすべて副業優先で生活しているような感じです。

忙しいからこそ「帰ったら何をするのか」「今後どう行動していくべきなのか」を常に考えて頭の中を整理しています。

まとめ

「せっかく資格を取ったので整理収納アドバイザーとして活動したい・・・」と思っても、現実には会社員という仕事がありなかなか時間を作るのは難しいですよね。

でも、自分でやりたいと決めたことなら、少ない時間でやりくりするのは仕方のないこと。

私は講座もお片付けサービスも、土曜または日曜で行っています。

「平日の依頼に対応できないとお客様は来ないのかな?」と思っていましたが、そんな事はありませんでした。

働く女性にとっては、週末のサービスの方が便利なようで思いのほかご依頼をいただいています。

大事なのは自分のバランスで、心地よくサービスを提供できるための時間を、いかに作り出すかということだと思います。

本業であれ副業であれサービスを提供するということは、お客様からその対価としてお金をいただくわけですから、中途半端に取り組んでいたら申し訳ないですもんね。

お客様から「ありがとう」の言葉をいただいたときは、本当に「頑張ってきてよかったな」と心から思えますよ。

両立を考えている人は「時間がないから諦める」のではなく、「時間がないからこそ見つけ出す!」と意識を変えて、やりたいことにチャレンジしていってくださいね。

JR王子駅から徒歩2分です(^^)/

《毎月開催》整理収納アドバイザー2級認定講座@北とぴあ

開催日程
3月21日(水祝)
詳しくはこちら>>

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)