洋服が見つからない?もしかしてクリーニング屋さんに出したまま忘れていませんか?

洋服が見つからない?もしかしてクリーニング屋さんに出したまま忘れていませんか?

そろそろ衣替えの季節ですね。

この時期、夏物をクリーニング屋さん持ち込まれる方も多いと思いますが、そのクリーニング屋さんには引き取りに来ない「長期間放置品」がたくさんあるそうです。

「あれ?確かしまったはずなのに・・・」な~んて、見つからない洋服があったらクリーニング屋さんに出しっぱなしなのかも知れませんよ。

出したことを忘れている

私も財布の中身を整理したら、クリーニングの伝票が出てきて慌てて取りに行ったことがあります。

クリーニング屋さんに持って行ったのは3週間前。

出さなくちゃって思うわりに、取りに行くのはいつでもいいかって思っちゃうところがあるんですよね。

お財布の整理をせずウッカリ伝票を捨ててしまったなんてことになったら、洋服を買った時のお金やクリーニング代も無駄になりますから、気をつけたいですね。

家族が取りに行ってくれていると思い込んでいた

ご主人が仕事の帰りにクリーニング屋さんの前を通るから「お願いね」と頼んだまま、忘れてしまうなんてこともありますよね。

自分以外の洋服だったりすると、引き取ってきたかどうかなんてそれほど気にしません。

お互いに記憶が曖昧でそれぞれが取りにいってくれているものだと思い込んでしまうと、忘れ去られた存在になってしまうこともあります。

洋服が多すぎて管理ができていない

もはや洗ったのか、しまったのか、クリーニングに出したのか、何がどこにあるのかわからない状態になっているために、放置されている場合もあります。

クリーニングに出す服というのはデリケートな生地の高級品だったり、お気に入りで何度も着たいと思っている服だと思うので、しっかりと記憶に留めておきたいものですよね。

そのためには、いま部屋にある洋服を半分ぐらいに減らしてみると良いですよ。

管理できていないということは、ほとんど忘れているような洋服ばかりということですから、捨てたとしても困ることはありません。

自分にとって本当に必要な洋服だけをクローゼットに掛けてみると、「こんだけ?」って驚くほど少ないことに気付くと思います。

そうなれば、何がどこにあるのかわからないなんていうことがなくなりますよね。

クリーニング屋さんにとっては大迷惑

引き取りに来ない「長期間放置品」の中には、高級そうなスーツやコートなど10年以上置きっぱなしの洋服も多いそうです。

お客様の物なので捨てるわけにはいきませんし、仮に捨ててしまったら後々お客様とのトラブルにもなりかねません。

この「長期間放置品」を保管するためには、お店以外の保管場所を確保したり、カビが発生しないようにクーラーを付けっぱなしにしなくてはならず、場所代や電気代が嵩んでしまうそうです。

ほんの少しのウッカリが、思っていた以上の迷惑をかけているということです。

クリーニング屋さんのためにも、できるだけ速やかに引き取りに行きましょうね!(自戒を込めて…)

 

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
< 2017年開催日程 >11/3(金祝)、12/10(日)
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
アデコ様キャリア開発セミナー>>
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)