娘にあげるハンカチが見つからない!!大騒ぎする母へのアドバイスとは?

娘にあげるハンカチが見つからない!!大騒ぎする母へのアドバイスとは?

実家の母が、私(娘)にあげようと思っていたハンカチが見つからないと大騒ぎ。

誰もが経験済みだと思いますが、探し物って「いざという時」に出てこなくて「どうでもいい時」に出てくるんですよね。

間違いなくそこに入れたはずなのに・・・

あげようと思っていたハンカチは、普段使いの引き出しに保管していたようです。

その引き出しの中には他のモノも入っているので、引き出しを開けるたびに目に入ります。

「間違いなくここにあるな」「今度来たら渡そう」

そう思いながら存在を確認していたはずなのに、いざ渡そうと思って引き出しを開けると、どういうわけかハンカチがない?!

「あれれ~?なんで~?」って大騒ぎ。

探している時ほど出てこない

探しても出てこないとなると、どうも気持ちがスッキリしませんよね。

何としても渡したいと思っているのか、引き出しを漁ったり、ひっくり返したり。。。

「もっと早く渡せばよかったね」「郵便で送ればよかったね」とブツブツ言いながら、探し回っています。

結局ハンカチは見つからず、今度は別の引き出しからアクセサリーを出してくる始末。

「ちょっと―!ハンカチはどうしたの?」と私が言うと「だって探してる時って、出てこないもんなんだよ」なんて苦笑いしていました。

ホントそうですよね。

探し物ってしばらくたった頃に、「なんでここに?」って思うような場所から出てきますよね。

果たしてハンカチを貰うことはできるのだろうか?

親から子へ、自分が使わなくなったものを譲りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

わが家のように、「確かあそこに入れておいたはずなのに無いわ」とならないように、あげたいモノがあったらそれらをすべて一つの箱にまとめておくと良いですよ。

ハンカチもブローチも時計も箱に入れておけばすぐに渡せますし、貰う方も箱の中を見れば親があげたがっているモノがどれかわかります。

高齢になると記憶力も低下してきますから、片付けをするのは”元気で若い今のうち”ということなんですよね。

今回は綺麗な箱を母に手渡し「見つかったらここに入れておいてね」と伝えました。果たしてハンカチを貰うことはできるのでしょうか??

母から娘へ送る素敵な手紙です。↓

母から娘への手紙

 

 

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
< 2018年開催日程 >近日ご案内
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
アデコ様キャリア開発セミナー>>
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)