【ビフォーアフター】キッカケがあるとクローゼットはサクサク片付きます

【ビフォーアフター】キッカケがあるとクローゼットはサクサク片付きます

クローゼットのビフォー

こちらの部屋はご主人の本がたくさん置いてあり、ゆくゆくは書斎に使いたいとのこと。

クローゼットにはプラスチックの引き出し収納が置いてありますが、中に入っているのはご主人のモノばかり。

押入れにはいつも着ている洋服を収納しているので、ここに家族のシーズンオフの洋服を収めなければなりません。

まずは、棚の上にある3つのスーツケースから、1つを処分。

ずっと捨てようと思いながらなんとなくそのままになっていたとのこと。

何かきっかけがないと、「まあ、置いてあっても邪魔にならないし・・・」なんて、後回しになっちゃうことってありますよね。

なので、今回は気になっていたモノをできるだけ処分してもらうことにしました。

隣に見えるプラスチックのケースも引っ越した時から開けていないということで、本人も「一度も開けてないってことは、もう要らないってことですよね」と笑っていました。

要はキッカケが大事なんですよね。

アドバイザーだけでなく、友達に来てもらうのも「片付けよう!」と思うキッカケになりますから、積極的に人を呼ぶと良いですね。

クローゼットのアフター

収納ケースを左右入れ替えたぐらいで大きな変化はありません。

ここでの問題は、中に入っているご主人のモノ。

ほとんどが頂きもので本人にはサイズも趣味も合わない衣類ばかりでした。貰ったモノなので捨てるのは申し訳ないと、ずっとしまったままだったんですね。

収納の目的は、「家族のシーズンオフの洋服を収めること」なので、「着ない衣類は取り除きましょう」と提案しシーズオフの洋服をしまうスペースを確保しました。

中央に置いた引き出しが浅いケースに、お子さんとママのシーズンオフを収納。

深めの収納には、パパのシーズンオフを収納。

トレーナー

長袖Tシャツ

パンツ類

全体をもう一度見てみましょう。

これが最終形ではなく、しばらく生活してもらってまた改善していく予定です。

まだまだ、溢れている本や捨てきれないモノをどうするかなど、向き合わなければならないモノがたくさんありますが、部屋がどんどん広くなってとても嬉しそうです。

 

お子さんもクローゼットの空いたスペースで楽しそうにかくれんぼをしていましたよ。お部屋が広くなると遊びも広がるんですね。

また、訪問する日が楽しみです。

【ビフォーアフター】押入れを使いやすいクローゼットにしたい!

【ビフォーアフター】クローゼットに布団が入らいないお悩みを解決!

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
< 2017年開催日程 >11/3(金祝)、12/10(日)
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
アデコ様キャリア開発セミナー>>
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)