指示待ち夫にイライラした私は、こんな風に頭を切り替えてみた

たとえば、「お風呂を洗ってね」とお願いすると、浴槽だけ洗って排水溝はそのまま。排水溝は自分の範疇外の事だと思っているのか、「排水溝も洗ってね」と伝えないとまずやらない。

こんな夫にはイライラしちゃいますよね。

20150804_ハチ

わが家のスズメバチ事件

実は最近、わが家のベランダにスズメバチが巣を作り、ブンブン飛び回っていました。

毎年、同じところに巣をつくるので「また来たか」という感じなんですが、その巣を退治するのは自分だと思っているようで、私が仕事に行っている間に、夫が殺虫剤のスプレーで退治してくれました。

「スプレーでやっつけておいたよ」

「ありがとう!」

わが家では珍しく穏やかな会話です。

事件はここから

それから3日後の休日、ベランダにお布団を干そうとしたらやけにクサい。。。

「なんだろう?」と見回してみると、ハチの巣が軒下にぶら下がったままで、ベランダの床にはハチや幼虫の残骸が散らばっています。

「ひぇーーーー!」

そうです、夫はスプレーをふりかけただけで、その後の処理は何一つしていないのです。しかし、本人にとっては役目を果たした感でいっぱい。

「どうよ、オレ。やっつけてやったぜ!」

「そのあとの事なんて知るかい」って感じ。

要は、「ありがとう!」のあとに、

「巣を外してゴミ袋に入れて、燃えるごみに出してね」

「床に落ちたハチも、ほうきでまとめて袋に入れて片付けておいてね」

と、事細かく言わなければ行動が出来ないのです。

だから、こんな風に考えてみた

わが家の夫は、

「言われたことを言われた通りにしかできない」

「応用が利かない」

「想像力がない」

のです。

そこを踏まえて、『指示を忠実に実行することは、大原則である』と考えました。

たとえば、「お風呂を洗ってね」とお願いしたときに、「お風呂が洗ってある」ことは、忠実に実行したということ

指示をした側にとっては、「お風呂を洗ってね」の中に、「排水溝も汚れていたら洗ってね」という意味も含まれていたとしても、具体的な指示は出していないわけですね。

ですから、『指示もしていないのに、怒る』のは、筋違い。

あくまで、「言われたことを言われた通りにしかできない」のですから、しっかり言葉にして伝えることが大事なんですよね。

内心は「そこまで言わないとわからんのかい?」と思いますが、次回はめんどくさがらずキッチリ伝えます。

スズメバチ事件でイライラしている私、夫にあきれつつも、別の視点で楽しむように心掛ける方が得策ですよね。

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
< 2018年開催日程 >近日ご案内
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
アデコ様キャリア開発セミナー>>
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメント &トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by JUN

    カフェにて読ませていただきながらにやけてしまいました。
    何事も切り替えが大事ですよね、楽しめるのって本当に幸せで、絶対そのほうがお互い得ですもんね(^ ^)
    私も、見習って100の目標を実は立てたんですよ。
    その中に嫌なことをされても笑顔、と入れた途端イラッとすることががくんと減りました‼︎
    自分でもすごく驚きました。
    人は変わりませんから、うまくやっていく、楽しく生きていくには、自分が変わらなきゃなんですよね(o˘◡˘o)
    いつも、色々考えさせられるブログで楽しみにしてます‼︎

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)