【バレエの発表会】大切な衣装(チュチュ)の運び方

【バレエの発表会】大切な衣装(チュチュ)の運び方

いよいよ発表会が近づいてきました。

衣装が(私の教室は貸衣装です)届くと、本番に向けてのモチベーションが上がりますね。

今回は、嵩張る衣装(チュチュ)をどうやって持って帰ればいいのか、ちょっとしたヒントをまとめました。

発表会が初めての方に向けて、参考になれば幸いです。

1着の場合

チュチュは、ウエストから裏返して半分に折りたたみます。

張りのあるスカートも軽くまとめると小さくなり、形が崩れません。

その状態で大きなビニール袋に入れます。

私は45Lのゴミ袋を使っていますが、1着がスッポリ入るので汚れの心配がありません。

そして、ビニール袋に入った状態の衣装を、大きめの袋(クリーニングを出すときに使っている袋)に入れて、持って帰ります。

ちょうどいい袋がなければ大きめの紙袋か、100円ショップで売っている不織布の袋を買うと良いと思います。

2着の場合

参加する演目が2曲以上あると、衣装も違ってくるので、持ち帰る数が増えますよね。

2着となると、一つの袋に入りきらなくなりますので(無理に入れれば入りますが、潰れます)、その場合はキャリーバックに入れましょう。

この時も、汚れないように1着ずつビニール袋に入れてからキャリーバックに収めます。

発表会の時は、着替えやら、メイク道具やら、持ち物がたくさんあるので、1着でもキャリーバックで運ぶ方が多いですね。

高価な衣装の場合

高価なオーダーメイドの衣装の場合は、たとえ1着でも専用の衣装ケースがあると良いですね。

【バレエ/ポーチ/バッグ/衣装ケース】 パール付きトウシューズ柄チュチュバッグ ドゥッシュドゥッスゥ

これなら大事な衣装をキレイな状態で運べます。

スカート部分に針金のような素材を使っているクラシックチュチュなどは、完全な円形の衣装袋が良いかもしれません。

今後、何度も使う予定があるなら、お気に入りを買っても無駄にはなりませんよ。

素材に注意

雨の日でも塗れないように、ナイロン素材が良いと思います。

手芸が得意なら、手作りするという手もありますね。

羽根飾りやティアラなど小道具がある場合は、壊れないようにクッキーが入っていた缶や空き箱に入れるのがおススメです。

必ず柔らかい布などで包んでくださいね。

初めての発表会は朝から髪をまとめたり、小腹がすいた時につまむものを用意したり、やることがたくさんあります。

なので、衣装だけは早めにチェックして忘れ物をしないように気をつけましょうね。

おまけ

ネットでこんなものを見つけました。

めっちゃ!かわいい♡お孫さんのいる方、いかがですか~?

超簡単!100均の水切りネットで作る「チュチュ(Tutu)」がかわいすぎる♡

 

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)