生活用品のストック置き場とストック量、足りないくらいがちょうどいい

生活用品のストック置き場とストック量、足りないくらいがちょうどいい

久々にお買い物に行ってきました~!・・・といっても、猫の砂と生活用品ですけど(^^;

わが家はできるだけストック品を持たないようにしています。

理由は、収納スペースがちょっとしかないということと、使わないモノにストレスを感じたくないから。

ストック品ってついつい多めに買ってしまいますが、少なくても意外と困らないんですよ。

納戸は階段下の狭小スペース

きょうは、2匹の猫たちのトイレ用の砂を買ってきました。

ストック置き場はこちらの納戸。

階段下を利用した、いわゆる天井部分が斜めになっている小さなスペースです。

3段のメタルラックを置き、一番下が収納場所になっています。

1か月に1度、3袋の砂を買ってくるのですが、これがかなりの重労働。

せめて出し入れしやすいようにと石油ストーブなどを載せるキャリーに載せてみたら、するすると取り出せるので結構気に入ってます。(スマートキャリー

本当はトイレに流せる紙の猫砂のようなタイプにしたいんですが、何回挑戦してもわが家の猫が気に入ってくれないんですよね。

猫なりにお気に入りがあるんですね。

ストックは3袋あれば1か月は持持ちます。なので、このストックがなくなったら買いに行っています。

「あ~、もうすぐなくなりそうだから、買いに行かなくちゃ!」

…ではなく、しっかり使い切ってから買うんですよ。

そうしないと、「せっかく買いに来たんだから少し多めに・・・」なんて心理が働いて買ってしまい、結局ここに収まらなくなっちゃいますからね。

挙句に廊下に置きっぱなしになったり、別の部屋に放置されたりして、どんどん部屋が散らかっていく原因にも。

そうならないように、ストック量には気を付けています。

生活雑貨もストックは1個だけ

きょうは一緒に、シャンプー、コンディショナー、ボディソープも買ってきたのですが、すべてストックは1個だけ。

収納場所は洗面所の小さなカゴと決めているので、たとえセールで安くなっていたとしても1つしか買いません。

理由は猫砂と同じで、そのカゴに入りきらず、洗面所に溢れてしまうのが嫌だからなんです。

ただでさえ狭いのに、そこに使わないストックがゴロゴロしていたら、ストレスが溜まっちゃいますからね。

途中でなくなっちゃったらどうする?

たとえば、うっかりシャンプーのストックを切らしてしまって、もうお店も空いてないし・・・なんていうこともありますよね。

でも、「あ~どうしよう?」なんて心配はいりません。

容器の中はもう空っぽと思っても、結構底の方に溜まっていたりしますから、さかさまにして振ってみたり、お湯を入れてシャカシャカしてみたりすると、案外洗えるものです。

さらに家の中を見回せば、試供品とか、旅行用の小さなボトルなんかがあるはずなので、1回分ぐらいどうにでもなるんです。

もし、見つからなければ石けんで洗うという荒行も(笑)

最悪、コンビニという強い味方がいますしね。

そのぐらいストックを持たないと意識すると、いつもスッキリした家で気持ちよく生活できますよ。

「量」と「場所」をしっかり決めて、「少し足りないかな?」と感じるぐらいで生活してみて下さいね。

 

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)