50代が洋服を捨てるコツ?簡単ですよ、いまの自分に合っているかどうかです

50代が洋服を捨てるコツ?簡単ですよ、いまの自分に合っているかどうかです

寒くなりましたね~、さすがに朝晩冷えてきたのでクローゼットの洋服を入れ替えました。

私が洋服を捨てるときのキーワードは、「いまの自分に合っているかどうか」。

なかなか捨てられない方は、ここを意識してみてくださいね。

いまの自分に合っていないポイント

持っている洋服の数は少ない方ですが、それでも着ない服が結構あります。

このデニムは、ずっと引き出しに入れていたんですが、今年履いたのは2回くらいしかありません。

デニム

裾が広がっていてちょっと古いデザインだったり、スリムすぎて履き心地が悪かったりするので、いまの自分にあってないんですよね。

デニムスカートも、いざ履いて出かけようと思うと二の足を踏んでしまいます。

デニムスカート

年齢的にも、体型的にも、全然あってないんですよね。

そして、ニットは今年の春に買ったのでほとんど新品。

どこも傷んでいないのでまだまだ着られるのですが、この両脇のレースが私にはイタかった。。。

ニット

どうしてもレースのフリフリが気になって、着ているとなんだか落ち着かないんです。

吟味して買ったつもりでも失敗することってあるんですよね。

胸元がキラキラのTシャツも・・・

Tシャツ

「派手過ぎ」

文字が目立ってとてもじゃないけど着れません。(≧Д≦)

デザインが若すぎたり、体型に合わなかったり、着心地が悪い服は、いまの自分に合っていない証拠。もったいないな~とは思いますが、割り切って捨てています。

捨てようか迷っている服があったら一度着て鏡を見てみてくださいね。自分でもギョッとする服があるかも知れませんよ。

「言い訳」を捨てる

似合わないといっても、せっかくお金を出して買ったのだから「捨てるのはもったいない」と思っちゃいますよね。

「あぁ~~、これ、どうしようかな」と悩んだ時に、「もったいない・・・」と頭の中で思ってしまうと、どう頑張っても捨てられません。

「もったいない」「いつか使える」「あると便利」「とりあえず」・・・言い訳は無限にあります。

そんなことを言っていたら、いつまでも捨てられませんよ。

まずは、そんな「言い訳」から捨てましょう。

いまを楽しみたいから、捨てられます

そりゃね、「自分ではちょっと派手だな」とか、「ちょっとイタイな」と思ってても、周りの人は私の事なんてそんなに見てないってわかってますよ。

でもね、誰も見ていなくても自分が着ていてウキウキしてくる服を着た方が、毎が楽しいですよね。

年齢を重ねる毎にオシャレの幅が狭くなって、「若い時にもっとファッションを楽しんでおくんだったわ」なんて後悔する前に、いまを楽しめる洋服をどんどん着たいなって思うんです。

まあ、捨てても惜しくないプチプラばっかりだからできることなのかもしれませんが、、、^^;

レジ袋2つ分の服を捨てました

サラバじゃ!

お陰でクローゼットもスッキリして、空いたハンガーの数だけ洋服を買うことができそうです。

次はどんな服に出会えるかな♪

 

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)