「旅するルイ・ヴィトン展」入場無料なのに見応えのある展覧会でした♪

「旅するルイ・ヴィトン展」入場無料なのに見応えのある展覧会でした♪

今朝、何気なく見ていたTVで「旅するルイ・ヴィトン展」を紹介していたので、仕事の帰りに寄ってみました。

入場無料にもかかわらず、かなり楽しめました。

今度の日曜(6月19日)までやっているので、お時間のある方はぜひ行ってみて下さいね。

場所

永田町の駅から釣り堀がある橋を渡り6分ぐらい歩くと、T字路が見えてきます。

その正面にこちらの建物がどーんと立ってます。

黄色いトラックが目立つので、すぐにわかりますよ。

会場内の様子

中に入ると、ルイ・ヴィトンの象徴ともいえる大きなトランクがお出迎えしてくれます。(1906年)

かなり大きいトランクで存在感たっぷり。

20160616_182018

こちらはメイク用のトランク。色使いがとてもカラフルで、見ているだけで楽しくなってきます。

20160616_182921

展覧会のテーマが、「旅するルイ・ヴィトン」ということで、『ヨット・空・列車・車の旅』といくつかのブースに分かれていました。

ヨットの旅では、旅が終わるまで着た洋服を入れておくためのバッグが作られ、その形が原型になったバッグはいまでも人気がありますよね。

当時はたくさんの洋服を持ち込んで、旅行中もおしゃれを楽しんでいたんだろうな~なんて想像が膨らみます。

20160616_183341

こちらは大流行した巾着型のバッグ。

奥は1930年代、手前が1980年代。時代が変わってもバッグの形に大きな変化はありません。

それだけ、完成された形だということなんですね。

20160616_184148

どのバッグを見ても、中が整然と並んでいます。

これはお茶のセットが入っていて、決まった場所に決まったモノが入るようになっています。

几帳面で整理上手な人が使っていたんでしょうね。

古いバッグはほとんどがオーダーメイドなので、使う人が使いやすいような仕組みになっています。

どれも個性が強くて面白いですよ。

20160616_184303

昔の鉄道の旅は、目的地まで数日かけての移動でしたよね。

その間に仕事をするために、こちらのバッグはタイプライターが置けるように工夫されています。

今は薄いPCで移動中でも仕事ができますが、昔はこんな重いモノを持って移動してたんですもの、旅行も楽じゃなかったんだろうな~

20160616_185311そして、驚いたのがこちら。板垣退助が使っていたトランクだそうです。

ヴィトンを使っていたというのが、なんだか驚きですよね。

ついでに、畳のヘリもみて下さいね。ちゃーんとヴィトンのロゴになっているんですよ。
20160616_191358

職人の方がパーツを組み立てる実演コーナー。

ここはみなさん立ち止まって、作業の様子をじっと見ていました。

20160616_191719

疲れたらカフェで休憩もできます。

デザートセットのパリブレストとコーヒーのセット(1,200円)です。

こっそりカップの淵にヴィトンのマークが入っているのが、ニクイ演出ですよね。

パリブレストもナッツとクリームの相性抜群でとっても美味しかったです。

20160616_193620

平日の夕方だったので、それほど待たずに入場できましたが、土日は少し込むかもしれませんね。

でも、どのコーナーも目を引くバッグがたくさん並んでいて、ヴィトンの長い歴史を知ることができます。

入場無料でこれだけのモノを見られるなんて、ちょっと贅沢かも♪

写真も自由に撮れますので、興味のある方はぜひ出かけてみて下さいね。

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
< 2017年開催日程 >9/10(日)、10/9(月祝)、11/3(金祝)、12/10(日)
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
アデコ様キャリア開発セミナー>>
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)