プチプラでもおしゃれに!50代からのファッションの楽しみ方

プチプラでもおしゃれに!50代からのファッションの楽しみ方

長かったGWも終わり、いよいよ明日からいつもの生活が始まりますね。

この連休は家の掃除をしたり、近場にお出かけしたり、普段会えない友達に会ったりと有意義な時間を過ごすことができました。

そして、連休中はいつもより多めに洋服を購入。

明日からの仕事に向けてクローゼットの整理をしています。

「50代だから」にとらわれない

「年齢とともに、どんな服を着たらいいのかわからなくなった」という方がいますが、そんなに年齢を意識する必要があるんでしょうかね?

40代から50代になった瞬間に、昨日まで着ていた服が全く似合わなくなってしまうわけじゃないし、50代だから、この服は着ちゃダメなんてルールがあるわけでもないし。

私は基本的に、自分が着たい服を着ていますよ。

確かに、ピンクのフリフリが付いたスカートはちょっと「イタイ・・・」と言われてしまいそうですが、袖口に少しだけフリフリが付いた黒いTシャツなら、全然おしゃれに着れるのではないかな?と思います。

「50代だから・・・」にとらわれずに、自分の好きな服、着たい服を着ておしゃれを楽しんだ方が、毎日気分よく過ごせますよね。

プチプラでもおしゃれに

高級ブランドの洋服やバッグでラグジェアリーな雰囲気がこそが大人・・・のような雑誌もありますが、一般的な家庭の主婦である私はプチプラで十分。

無印だって、ユニクロだって、私にとっておしゃれに欠かせないアイテムです。

ただ残念ながら、大量に出回っている分、人とかぶります( ;∀;)

そこで気を付けているのがバランス。

たとえば、全身をプチプラにしないとか、色合わせにはこだわるとか、小物で変化を付けるとか・・・着こなし次第でプチプラだって十分大人のおしゃれを楽しめるんじゃないかなと思っています。

プチプラでも愛着を持つ

安いと思うとよく考えもせず、ついポンポンと買い物かごに入れてしまいがちですが、それはNGですね。

手に取って隅々まで確認して、試着して、時には何度もお店に通って、「本当に着るのか」「どう着こなすか」をしっかりとイメージ出来たら購入します。

大人だからこそ、「安物買いの銭失い」は避けたいところ。だって、モノを見極める経験は人よりたくさんしているはずですから。

そして、1,000円のシャツであっても大切に扱い、いつでも気持ちよく着られるように管理する。決して、「箪笥の肥やし」にしてはいけませんよね。

だから、整理収納が大切なんです。

GW中に買ったのは、ユニクロのアンクルパンツ(ブルー)無印のフレンチリネン長袖シャツ(白)PLSTのタンクトップ(白・グレー)、ノーブランドチェック七分袖シャツ・・・

きょうはクローゼットの整理を楽しみたいと思います♪

 

京浜東北線王子駅から徒歩2分です。

《毎月開催》整理収納アドバイザー2級認定講座@北とぴあ

開催日程
7月8日(日)、8月5日(日)
詳しくはこちら>>

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.