何度読んでも飽きない。『わたしの台所のつくり方』石黒智子著 

何度読んでも飽きない。『わたしの台所のつくり方』石黒智子著 

次の朝ドラは「とと姉ちゃん」

ヒロインは「暮しの手帖」創業者・大橋鎭子さんがモデルのお話だそうです。楽しみですね。

その暮らしの手帳社から出ている『わたしの台所のつくり方』は、著者石黒智子さんのこだわりが詰まった素敵な本です。

きょうは久しぶりにお茶を飲みながら、石黒ワールドに溺れました♪

見ているだけでウットリしてしまいます

少し前に発売された本ですが、まったく古さを感じさせないシンプルで使いやすい台所が、オールカラーで掲載されています。

白いタイルの壁、ステンレスのシンク、使い勝手にこだわって選ばれた調理器具たちが、壁にかけられている様子がとにかく美しい。

お玉、レードル、泡だて器・・・シンク前にはお鍋や包丁が目に見えるところに出ています。

出ているから見栄えが悪くならないよう、シンプルなステンレスで統一された完成度の高い台所になっています。

すべてしまいこんで何も出ていないモデルルームのような台所ではなく、本当にそこで日々暮らしを楽しんでいる様子がうかがえるところが魅力ですね。

この本を読むと自分はちゃんと暮らしているかな?と、モノの持ち方を見直すきっかけになりますよ。

これから家を建てる予定の方、キッチンをリフォームしようと思っている方には参考になる本ですし、いまの狭い台所を使いやすい空間に改善するヒントもたくさん出ています。

図書館でも借りられますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

JR京浜東北線王子駅から徒歩2分です。

《毎月開催》整理収納アドバイザー2級認定講座@北とぴあ

開催日程
9月24日(月祝)、10月14日(日)
詳しくはこちら>>

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください