本を手放すためのヒント。いざとなると迷ってしまう本と決別するには?

本を手放すためのヒント。いざとなると迷ってしまう本と決別するには?

捨てられないモノランキングで、常に上位の座を譲らないのが「本」ですね。みなさんの家には溜まっていませんか?

まだ読みたいし、気に入ったページがあるし、これから役に立ちそうな情報があるし・・・と思うと捨てられないんですよね。

友人は本が大好きでひと部屋が本だらけになってしまい、自分は空いているスペースに布団を敷いて寝ているのだとか。

これじゃあ、なんだか窮屈ですよね。

また読むかもしれない

一番の理由がこれですね。

いざ捨てようと思っても、読み返してみるうちにやっぱりまた読むかも?と思うと、どうしても本棚に戻してしまいます。

しかし、実際に読み返すことはなく、ほとんどは本棚に並べているだけ。

そんな本を捨てるためには、また読みたいと思った時に手に入る本かどうか確かめれば良いのです。

図書館で借りられるとか、本屋さんで売っているとか、インターネットで検索すれば出てくるとか。

そんなことするのが面倒だと思うかもしれませんが、読まない本を積み上げていても、結局は読まないのです。

最新の知識を得るために新しい本を買った方がワクワクしてきませんか?

全部読んでいない

これもよく聞きますね。

私も厚さ10cmの難解な本を買ったはいいけれど、途中で疲れてしまい全く先を読み進められない本がありました。

いざ読んでみたら言い回しが難しすぎて一向に頭に入らず、あっさり挫折(+o+)

買う時は読む気満々なのですが、期待していた内容と違ったり、好みの文体でなかったりすると、途中で読む気がなくなってしまうことがありますよね。

そんな時は、「自分には合わなかった」と気持ちを切り替えると良いですよ。

本は楽しいからこそ読めるんです。

どんなに長い物語でも、読んでいて楽しければ寝る間も惜しんで読みたくなるはず。そう思えない本なら、たとえ頑張って読みきっても頭の中にはなにも残りませんよね。

同じ読むなら、自分が読みたくて仕方なくなる本を読んだ方が楽しいと思いませんか?

せっかく買ったのにもったいない

お金を出して手に入れた本、あるいは、ネットで探してやっと手に入れたという場合、そのプロセスを考えると手放しにくいです。

気持ちはわかりますが、その本を見る度に「読まなくちゃ・・・」と罪悪感を感じるようなら、自分を苦しめているだけ。

一見綺麗そうに見えてもうっすらと埃が溜まっている本に手間ひまかけるより、読みたい本がサッと引き出せる方がずっと気持ちが良いですよね。

もったいないのは本ではなく、その収納スペースなんです。

手放せない理由はいろいろあると思いますが、自分にとっていま読みたい本なのかどうかが保管するポイントですよ。

日本の古本屋 ほしい本が見つかる買える。

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
< 2017年開催日程 >11/3(金祝)、12/10(日)
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
アデコ様キャリア開発セミナー>>
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)