油がハネても大丈夫!自宅で簡単に油染みを落とす方法

油がハネても大丈夫!自宅で簡単に油染みを落とす方法

きょうはカフェでランチ中に、デニムパンツの上に”からあげ”をポロっと落としてしまい、そこに黒い油の染みができてしまいました。

こういうシミって洗濯機に入れて洗ってみても、スッキリ落ちませんよね。

以前、息子が履いていたチノパンで同じようなことがあり、この方法でキレイに落とすことができたのでやり方をまとめてみました!(^^)!

水では落ちない

油は低温で固まる性質があるので、洗濯機で使っている水が冷たいと落ちないんですね。

キレイに落とすためには、水よりもぬるま湯の方がおすすめです。

ただ、洗濯機いっぱいにお湯を張るのはもったいないので、私はその部分だけお湯を使っています。

衣類の油汚れに使うのは“台所用中性洗剤

はじめにシミの部分をぬるま湯につけます。

次に、台所用中性洗剤をつけシミがついた部分を手で軽くもみ洗い。軽くすすいだら通常通りに洗濯して下さい。

デリケートな素材の場合は、歯ブラシで軽く叩いたり、綿棒を使う良いですよ

食器に付いた油は食器用洗剤でキレイになるので衣類だって同じですよね。ちなみにわが家はJOYです。

時間がたった汚れは

汚してしまったその日に洗えば食器洗剤で落とすことができますが、時間がたってしまった油汚れもありますよね

その場合は市販の洗濯用液体洗剤って30分程度放置します。

その後、出来るだけ高めの温度(やけどをしない程度の45℃)でその部分を手揉み洗いすると、繊維から油を溶かし出すことができますよ。

豚の脂は28℃48℃牛の脂40℃56℃溶けるらしいので少し熱いくらいのお湯で手揉み洗いをすると、落ちやすいのかもしれませんね。

それでも落ちない時は

クリーニング店に持ち込みましょう。

その時、いつどのようにして出来たシミなのかを伝えるとクリーニング屋さんも判断材料が増えるので、より適切なクリーニング方法で対処してくれますよ。

ちょっとしたコツで家にある道具でも十分に落とせますので、ぜひともチャレンジしてみてください

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
< 2017年開催日程 >11/3(金祝)、12/10(日)
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
アデコ様キャリア開発セミナー>>
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)