捨てる実験が面白い!モノが捨てられるようになる驚きの裏ワザとは?

捨てる実験が面白い!モノが捨てられるようになる驚きの裏ワザとは?

いらなくなったモノを捨てる事ができるか街でアンケートをとったところ、30人中、22人が捨てられないと回答。(科学で片付け&断捨離より)

なぜ私たちはモノを捨てられないのでしょうか?

捨てる実験

5組の方の自宅一年以上着ていない服を全て出してもらい、「捨てるもの」と「捨てないもの」を分ける実験をしたところ、ほとんどの方が洋服を捨てられないという結果でした。

捨てる服は全体のわずか23%、捨てない服は77%もあったということです

捨てない理由でもっとも多かったのは、もったいない」。

「まだ着られる」「あれば着るかも」という気持ちが邪魔してしまうんですよね。そこで

設定を変えて実験

「捨てる」から「寄付する」に変えてもう一度仕分けしてもらうと、驚くような大きな変化があったそうです発展途上国に着なくなった服を送る活動をしているNPO団体に寄付をするという設定

前回、「捨てる」服は23%だったのに、「寄付する」と変わっただけで、なんと79%を「寄付する」箱に分けられたのです

つまり他の人の役に立つと思うと、手放せるようになるんですね。

「捨てなくちゃ」と考えると心のどこかで「もったいない」気持ちが勝り、なかなか捨てられないものですが、「寄付する」=「良いこと」と思うと、モノが手放せるようになるということです。

どうやって寄付すればいい?

では、実際にどこへ持ち込めばいいのか?どんな方法があるのか?知りたいですよね。

こちらに詳しく載っていますので、参考にして下さいね。

いらなくなった服でちょっといいこと!寄付&リサイクル

どんなモノでも、「捨てる・捨てない」の仕分けは非常に大変な作業です。

どうしても先へ進めずモノが減らない方は寄付する気持ちで(実際に寄付するかどうかは別として)分けてみると、思いのほか手放すことができるかもしれませんよ。

JR京浜東北線王子駅から徒歩2分です。

《毎月開催》整理収納アドバイザー2級認定講座@北とぴあ

開催日程
11月3日(土)
詳しくはこちら>>

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください