森久美子さんの一言に共感、「楽しく生きなきゃね!」

森久美子さんの一言に共感、「楽しく生きなきゃね!」

10月23日放送の『アナザースカイ』 (日本テレビ、金曜23:00~)に 森公美子さんが出演されていました。オペラ歌手を目指して30年以上前に留学した思い出の地イタリアを訪れるという内容です。

初めての挫折

森さんは30年以上も前にオペラ歌手を目指してミラノに留学されていたそうですが、大学で優秀な成績を修めていたものの留学先ではまったく力が及ばず、暗く閉じこもった日々を過ごしていたそうです。

先生にもオペラ歌手には向いていないとはっきり言われ、イタリア語も話せないため友人も出来ず、なんて自分はダメな人間なんだろうと悩む日々だったとか。

すぐにでも日本に帰りたいと実家に電話するとお父さんから、「イタリアを楽しんでいるか?」という思いがけない言葉を掛けられてハッとしたのだそうです。

出来ない事ばかり考えていないで、まずは今を楽しもうという発想の転換が人生を大きく変えたのだとおっしゃっていました。

更なる苦悩

森さんといえば、いつも明るくて元気がいいイメージですよね。

その底抜けに明るいキャラクターは、実は想像もできない大きな挫折を経験してきたからこその明るさなんだなと思います。

たしか数年前、ご主人が事故にあわれて介護生活を余儀なくされているというニュースを見たことがあります。おそらく今もそういった生活をされているのでしょうね。

TVではそんなお話はあまりされませんが、結婚して数年で夫の介護が必要な生活になってしまった生活はどれほど辛いことだったかと想像します。

本当はそばにいてお世話をしてあげたいのでしょうが、大切な家族を守るためには自分が一生懸命働いて支えていかなければという強い意志を感じます。

そして、時には上手に息抜きをしながら明るく前向きに生きている姿には、見ている私たちの方が励まされます。

人はそれぞれ知られざるエピソードを持っている

誰でもそうですが、人生の中で何事もなく生きている人は少ないですよね。大なり小なり苦労話があるはずです。

そこで、落ち込んだままでいるか、今できることがないかと考えるかで、人生は大きく変わってくるんじゃないかと思います。

 

振り返ってみると、わが家もいろいろなことがありました。時代の流れで、いじめ問題もあったし不登校問題も。

「自分の育て方が悪かったのだろうか」、「家庭環境に問題があったのだろうか」、何がいけなかったのかその原因ばかりを考える毎日。

しかし、いつもと変わらず明るい笑顔で生活している様子を見て、いま自分にできることは無理に学校に行かせることではなく、本人が行きたくなるまで待ってあげることなんじゃないかと思うようになりました。

穏やかに普段と変わらぬ生活を心がけることで、少しずつ本人の意思で学校生活を再開することができました。

恐らく本人の心の中では大きな葛藤があったことと思います。どんなにまわりが温かく見守っていても、その現状を乗り越えるのは本人にしかできないことですからね。

いま思えば、その経験があったからこそひと回り大きく成長してくれたのかなと思います。

辛い経験をたくさんしている人ほど、強くなれる

辛い経験とは、精神的に強くなれる絶好のチャンスだと思います。

投げ出さず、しっかり問題と向き合って、自分に課せられた学びだと受け止めれば、いつしか辛い逆境も跳ね除けて強い人間に成長して行くのではないでしょうか。

番組の中で、森さんがおっしゃっていた一言。

「人生、楽しく生きなきゃね!」

まさにその通りだと思います。

人生一度きりですもの楽しくなければ意味がないですよね。これからの人生まだまだ”強く楽しく”暮らしていきたいと思っています。

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

*開催スケジュール*

2017年6月25日(日)@王子 募集中
2017年7月16日(日)@王子 募集中

* 詳しくはこちらをご覧ください *
[整理収納2級認定講座について]
[整理収納サービスについて]

* メッセージ *
アットホームな雰囲気で和気あいあいとやっています。
お申し込みはお問い合わせフォームよりお願い致します。

それでは、また!

お役に立てましたらソーシャルメディアへシェアしていただけると嬉しいですヽ(^o^)丿

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)