いくつになってもおしゃれでいたい大人の女性におススメ!「服を買うなら、捨てなさい」

いくつになってもおしゃれでいたい大人の女性におススメ!「服を買うなら、捨てなさい」

「服は少ないほうがいい」と言われても、そう簡単には減らせませんよね。

この本は、「少ない服で素敵にみせる」ために、今すぐ捨てるべき服と、残すべき服を分かりやすく教えてくれます。

いくつになってもおしゃれでいたい大人の女性におススメの本ですよ。

大人のスタイリスト

著者のことは、ELLE onlineで担当されていたファッションコラムを読んで知りました。

コラム:ファッション査定”を習慣づけて、本当にいい買い物を重ねて

恐らく同年代であろう著者のファッションに対する考え方は、私が普段考えていることと良く似ています。

それは、家の片付けに通じるものであり、今の自分を生きることにフォーカスしているところに同じ感性を持っているなと感じます。

たとえば、

「若作り、と若々しさとは似て非なるもの」

本当の若々しさや溌剌とした魅力は今の年代、今の顔にあったアイテムを選ぶことによって引き出されるのだ、という部分に納得です。年齢の割りにスタイルがいいからと、娘と共有のファッションではやはり違和感がありますよね。

そんな風に、大人の女性が日々の暮らしや生き方を見直すきっかけになる言葉が、著者ならではのストレートな表現で発せられています。

そんな著者の言葉で、フムフムと思ったのがこちら。

バリエーションの呪い

整理収納アドバイザーとしては、なぜ服が増えてしまうのか、なぜ捨てられないのかという部分はかなり共感できます。

無理して流行に乗ろうとしたり昔買った高かった服という過去に縛られて手放すことができない心理は、まさに片付けられない人によくある特徴です。

そんな似合うかどうかわからない服をいつまでも持っていたり、買ったりするのは無駄だとキッパリ言い切ります。

そして、「毎日違う格好をしなければいけない」という思い込みにメスが入ります。

雑誌を見ると1ヶ月コーディネートと題した特集が組まれていたり、ブログでも、きょうのコーデが日々アップされていると、いつも同じ服じゃ恥ずかしいというプレッシャーを知らず知らずに感じている。

これが「バリエーションの呪い」です。

雑誌やブログで発信している情報は「職業」としてやっていることであり「幻想」で、ごく一般的な女性は、だいたい同じような日常を過ごしているので、それほど多くの服を必要としないのだと。

ですから、雑誌やオシャレブロガーと言われる人々の記事を見ては悩み、ため息をつく必要はないのです。

毎日違う服を着なければと思い込んでいる人は、この一節を読むだけでも服の持ち方が変わるキッカケになるのではないでしょうか。

捨てるべき服は、「朝、鏡の前で脱ぎ捨てた服」

なるほど!と思いました。

「きょうはこれにしようかな」と着てみたけれど、「やっぱり・・・」と脱ぎ捨てる服、たしかにありますよね。きれいだし、気に入っているし、十分着られる服なんだけれど、いざ着てみるとなんとなく似合わない気がする服。

もう何度も断捨離して捨てる服なんかない!と思っても、実はまだたくさんの服が残されているんですよね。

著者曰く、「脱ぎ捨てた服は、今後着ることはない服なのだ」。この潔さが、本当におしゃれになるためには大切なんじゃないでしょうかね。

なかなか難しいことではありますが。。。

大人になったら服より靴を優先して考えるべき

コーディネートを考えるときは、靴から決めるのが鉄則といかにもスタイリストらしい一言が。

業界人がおしゃれチェックの際にまず見るところは靴なのです。

業界人でなくても靴ってオシャレ度を左右しますよね。職場でも素敵にスーツを着こなしている同僚のヒールがボロボロだったりすると、もったいないな~と思いますもの。

著者は、バッグより靴を身につけている時間の方が圧倒的に長いと書いています。

ほぼ1日中靴を履いて過ごしているのだから、自分の靴選びは決して妥協せず履き心地のいい靴を選ぼうと言っています。

つい、「かわいいから」とか、「いま流行っているから」と安物の靴を買っては痛い思いをして、また買い直すなんてことをしていませんか?

明らかにブランドものとはっきりわかるバッグにお金をかけるより、上質な靴に初期投資して、週に3,4回履く方がずっとオシャレな人になれるのだそうです。

そうすれば、無理して高いブランド物を買わなくなるし、足に合わずにほったらかしている安い靴を思い切って処分して玄関をスッキリさせたほうが気持いいですよね。

この本には洋服の着こなし方とかオシャレな小物の写真などは出てきませんが、これからの自分を輝かせるための服の持ち方が細かく書かれています。

歳を重ねて、いま何を着ていいのかわからないと悩んでいる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「服を買うなら捨てなさい」地曳 いく子 (著)

【目次】

1章 おしゃれな人ほど、少ない服で生きている
2章 無駄服を増やす、さまざまな罠
3章 いらない服とすっきりお別れする方法
4章 理想的なワードローブ大検証!
5章 買い物に出かける前に
6章 買っていい服、ダメな服
7章 おしゃれは「トレンド」から「スタイル」へ
8章 これからも、ずっと素敵でいるために

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

セミナー情報

■ 整理収納アドバイザー2級認定講座
東京都北区王子「北とぴあ」で毎月開催しています。
< 2017年開催日程 >12/10(日)
詳しくはこちら>>
■ 企業セミナー
ショールーム、モデルルーム、研修講師はリピート率80%。
アデコ様キャリア開発セミナー>>
詳しくはこちら>>
■お片付けセミナー「子どもがいてもキレイなおうち♪」weekendクラス

 

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)