衣替えする人もしない人も、楽にできる究極の方法

衣替えする人もしない人も、楽にできる究極の方法

秋の気配を感じられる季節になりましたね。今朝は半袖では肌寒く薄手のカーディガンを着て出勤しました。

そんな時期、気になるのが衣替えですよね。できるだけ楽に簡単に済ませたいものです。

衣替えの時期

衣替えをする時期は夏服と冬服に変わる頃の2回が一般的。

1回目は6月、210あたりですね。ただ暑さ寒さは人によって感じ方も違いますので、自分のタイミングで衣替えをしていきましょう。

衣替えの時期だから、「やらなくちゃ・・・」なーんてことはないんですよ。

方法は2

洋服を収納する方法は「かける」「たたむ」2です。

型崩れが気になるモノ、しわになりやすいモノはハンガーにかけて、しわになりにくいモノは、たたんで収納するのが基本ですね。

さらに、「上着」「カットソー」「スカート」など、衣類の種類によって分けて収納すると、すぐに見つけやすいです。

たとえば、引き出しにラベルをつけて種類毎に収納したり、スカートのグループ、パンツのグループというように、同じ種類を集めてハンガーに掛けておくと良いですよ。

洋服を減らすチャンス!

今まで使っていた洋服と、しまっていた洋服を入れ替えるだけでは片手落ちです。

ここで大切なのは、「いらないものを捨てること」

スペースいっぱいに洋服を詰めてしまうと間違いなく取り出しにくくなります。新しい洋服を買っても入れる場所がなかったら出しっぱなしになってしまいますよね。

そこで、黄ばんでいたり、ほつれていたり、流行遅れになっている洋服は思い切って捨てましょう

「後で着るかも・・・」「もったいなくて・・・」と思う洋服もあると思いますが23年間着ていないものは、この先着ることはありません

新しい洋服を収納するためにスペースを空けてあげる」と思えば、手放しやすくなりますよ。

衣替えって本当に必要?

そもそも衣替えって必要なのでしょうか?

押入れの奥にしまってあるケースをヨイショ!と運び出して、一枚一枚出してハンガーに掛けて、いま着ている服を洗濯して畳んでケースにしまい、ヨイショ!と持ち上げて押入れにしまう。

考えるだけでも大変ですよね。

「だって収納が足りないんだもの、出しっぱなしにはできないでしょ」という方もいるかもしれませんが、本当にそんなに洋服が必要ですか?

私はできるだけ衣替えの手間を省きたいので、年中同じ服を着ていますよ。なるべくクローゼットに入るだけの洋服で生活するようにしているのです。

それでも全然困りません。寒ければ重ね着をすればいいし、通勤にも着ていける服を選べばシーン毎に洋服を変える必要はありませんから。

できるだけ持つ量を少なくすれば、衣替えの手間は省けるのです。衣替えをキッカケに究極の1着を選んで収納して下さいね。

経費節約にもなる

効率よく収納しようと、圧縮袋を買ったり収納ケースを買うのはお金の無駄です。

すのこや100円均一のケースで収納にお金を時間を使うなら、少ないアイテムでどう着こなすかを考えるほうがずっと楽しいし、浮いたお金で欲しかった洋服を買う方が嬉しいですよね。

楽にできる究極の方法は、モノを減らして衣替えをしなくてもいいように収納することだと思いませんか?

整理収納アドバイザー2級認定講座 王子駅から徒歩2分です(^^)/

*開催スケジュール*

2017年6月25日(日)@王子 募集中
2017年7月16日(日)@王子 募集中

* 詳しくはこちらをご覧ください *
[整理収納2級認定講座について]
[整理収納サービスについて]

* メッセージ *
アットホームな雰囲気で和気あいあいとやっています。
お申し込みはお問い合わせフォームよりお願い致します。

それでは、また!

お役に立てましたらソーシャルメディアへシェアしていただけると嬉しいですヽ(^o^)丿

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)