安くて簡単!100円ショップ(ダイソー)の壁の穴埋めパテで補修しました

安くて簡単!100円ショップ(ダイソー)の壁の穴埋めパテで補修しました

カレンダーや壁掛け時計など、どうしても壁に穴が開いてしまうことありますよね

前回の記事で書いたように、わが家もキッチンの壁紙にネジ穴が開いてしまったので補修してみました。

安くて簡単に補修したい

わずか数ミリでも気になる穴、できるだけ安くて簡単に補修したいですよね。

こんな時真っ先に頭に浮かぶのが100円ショップです。

わが家から一番近いダイソーに行ってみると、ありましたありました「壁の穴埋めパテ」。

「ホントに100円ショップって何でも揃ってるわ~」なんて感動しながら早速購入。

ついでに「パテ用 プラスチックヘラ」も買いました。

使い方は簡単

穴にチューブを突っ込んで、絞り出します。

むにゅ~。

乾いてくると少しへこむので、こんもりと盛るぐらいがいいかも。

そして、乾ききる前にヘラで平らになでつけます。

こちらが完成!

穴がどこだったかわからなくなるほどきれいに修復できました。

穴だけじゃない

気を良くして、こんなキズにも挑戦してみました。

リビングの角で、通るたびに気になっていたんです。

さっきの穴に比べると大きくえぐれている感じなのでどうなるかはわかりませんが、とにかくチャレンジ!

ホホ~

目を凝らして見るとなんとなくわかりますが、遠目で見るとまったくわかりません。

一時間ぐらい乾燥させましたが浮き上がることもなく馴染んでいます。

他にも壁紙が剥がれている個所があるので、この勢いで補修しようと思います。

やり始めると楽しくて、「どこか剥がれているところはないかな」なんて探したくなりますよ。

壁に気になる穴があったら、ぜひチャレンジしてみくださいね。

DIY講座「壁紙の部分的な補修方法【壁に大きめの穴があいた場合】」

 

kouko
2012年「整理収納アドバイザー2級講座」を受講し、元々好きだった片付けの魅力を再認識しました。

「この楽しさを、もっと多くの人に知ってもらいたい!」そんな気持ちから、サイトを運営しています。

モノを厳選して「本当に好きなモノ」だけに囲まれた暮らし。考えただけでもワクワクしてきますね。

コメントはこちらから。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください